2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

SweetFX Setting詳細

 【27//2014】

SweetFXの設定で編集するSweetFX_settings.txtの詳細になります


◆Choose effects
 各項目0=OFF,1=ONで詳細設定の項目が適用される

 SMAA_ANTIALIASING :SMAA技術を用いてギザギザの線を平滑化する
 FXAA_ANTIALIASING :FXAA技術を用いてギザギザの線を平滑化する
 CARTOON :アニメ風処理
 ADVANCED_CRT :古いCRTテレビディスプレイをシミュレート
 BLOOM:明るい部分を滲ませる処理。グレア効果(高負荷)
 HDR :ハイダイナミックレンジ合成を行う(高負荷)
 LUMASHARPEN :よりアンチエイリアスエッジがシャープに
 GAUSSIAN :ぼかし効果を使用。DirectX9.0限定
 FILMGRAIN :フィルムグレイン処理。粒子状のノイズを意図的に付与
 TECHNICOLOR :古い映画のような外観にする
 DPX :TECHNICOLORとは違う、映画のような外観
 MONOCHROME :白黒にする
 LIFTGAMMAGAIN :影、中間調、ハイライトの明るさや色を調整
 TONEMAP :ガンマ、彩度、その他の色関係を調整
 VIBRANCE :自然な彩度を調整します
 CURVES :Sカーブを使用してコントラストの調整
 SEPIA :セピアにする
 VIGNETTE :撮影されたように見えるよう、画像の端を暗くする
 DITHER :モニタが表示できるより多くの色をシミュレート
 BORDER :画面端に黒いボーダーラインを描く
 SPLITSCREEN :画面を分割


以下、詳細設定
各行の//以降がコメントになっており説明と[ ]に設定できる値の範囲が記載されています
設定範囲を超える値を入力しないように注意しましょう

◆SMAA Anti-aliasing settings

 SMAA_THRESHOLD :エッジ検出のしきい値
 SMAA_MAX_SEARCH_STEPS :エイリアスのエッジを検索する半径を決定
 SMAA_MAX_SEARCH_STEPS_DIAG :対角線エイリアスエッジを検索する半径を決定
 SMAA_CORNER_ROUNDING :角に適用する割合を決定。テキストに影響を与える可能性があり
 COLOR_EDGE_DETECTION :1でカラーエッジ検出を使用(遅いが正確) 0でLuma検出(速い)を使用
 SMAA_DIRECTX9_LINEAR_BLEND :DX9ハードウェアを使用するか。使わない場合は0、使う場合は1


◆FXAA Anti-aliasing settings

 FXAA_QUALITY__PRESET :プリセットを選択。39で最高品質
 fxaa_Subpix :サブピクセルエイリアシングの除去量選択
 fxaa_EdgeThreshold :エッジ検出のしきい値
 fxaa_EdgeThresholdMin :黒のしきい値


◆Cartoon settings

 CartoonPower :エフェクトの強さ


◆Advanced CRT settings

 CRTAmount :CRTエフェクトの強さ
 CRTResolutionX :ゲームのオリジナルの横幅
 CRTResolutionY :ゲームのオリジナルの縦幅
 CRTgamma :シミュレートされたCRTのガンマ値
 CRTmonitorgamma :ディスプレイモニターのガンマ
 CRTBrightness :明るさを少し高めるするために使用
 CRTScanlineIntensity :走査線強度(整数値が好ましい)
 CRTScanlineGaussian :非ガウス走査線ブルーム効果を使用
 CRTCurvature :ブラウン管のように若干歪ませる
 CRTCurvatureRadius :歪ませる半径を決定
 CRTCornerSize :コーナーの丸みを決定
 CRTDistance :モニタからの距離をシミュレート
 CRTAngleX :角度を傾ける
 CRTAngleY :角度を傾ける
 CRTOverScan :オーバースキャンを決定
 CRTOversample :3倍のオーバーサンプリングを有効にします。


◆Bloom settings

 BloomThreshold :しきい値
 BloomPower :効果の強さ
 BloomWidth :効果の横幅


◆HDR settings

 HDRPower :明るさ
 radius2 :効果の強さ。強さに応じて明るくなる


◆LumaSharpen settings

 sharp_strength :効果の強さ
 sharp_clamp :効果を適応するピクセルの上限
 pattern :パターン選択(1=高速、2=通常、3 =広い、4 =ピラミッド)
 offset_bias :サンプリングパターン半径のオフセット値を決定
 show_sharpen :シャープの強さ


◆Gaussian Blur settings

 GaussEffect :エフェクトを指定。デフォルト2
 GaussQuality :品質を決定。デフォルト1
 GaussSigma :ぼかしの大きさを指定。GaussEffectで0=Blurか1=Bloomを指定した時のみ有効
 GaussStrength :最終的なエフェクトの強さを決定
 GaussBloomWarmth :色温度を決定


◆Film grain settings

 FilmGrainIntensity :粒子の強度を決定
 FilmGrainExposure :露出を決定。デフォルト40
 FilmGrainSize :粒子の大きさを決定。デフォルト2


◆TECHNICOLOR settings

 TechniAmount :適用量
 TechniPower :強さ
 redNegativeAmount :赤の適用量
 greenNegativeAmount :緑の適用量
 blueNegativeAmoun :青の適用量


◆Cineon DPX settings

 Red :赤の適用量
 Green :緑の適用量
 Blue :青の適用量
 ColorGamma :効果の調整
 DPXSaturation :効果の彩度調整
 RedC :赤の適用量
 GreenC :緑の適用量
 BlueC :青の適用量
 Blend :効果の強さ


◆Monochrome settings

 Monochrome_conversion_values :RGBの比率


◆ Lift Gamma Gain settings

 RGB_Lift :RGBの影を調整
 RGB_Gamma :RGBの中間調を調整
 RGB_Gain :RGBのハイライトを調整


◆Tonemap settings

 Gamma :中間調を調整
 Exposure :露出を調整
 Saturation :彩度を調整
 Bleach :影やフェードの色を明さ
 Defog :削除する色合いの程度
 FogColor :削除する色を決定


◆Vibrance settings

 Vibrance :彩度の適応量


◆Curves settings

 Curves_mode :適用するコントラストの選択
 Curves_contrast :コントラストの強さ
 Curves_formula :Sカーブの選択


◆Sepia settings

 ColorTone :各色の濃淡
 GreyPower :彩度の調整
 SepiaPower :効果の強さ


◆Vignette settings

 VignetteRatio :縦横比率を設定
 VignetteRadius :中心からの放射状の効果の強さ
 VignetteAmount :黒の強さ
 VignetteSlope :効果の適用幅
 VignetteCenter :効果の中心点を指定


◆Dither settings

 dither_method :効果の選択


◆Border settings

 設定無し


◆Splitscreen settings

 splitscreen_mode :効果の選択


◆Key settings

 key_toggle_sweetfx :SweetFXのON/OFFを切り替え
 key_screenshot :SweetFXの効果を適用したスクリーンショットを撮影
 key_reload_sweetfx :SweetFX_setteings.txtをリロード。再起動することなく設定の変更を適用できる
スポンサーサイト

Category: SweetFX

Theme: FINAL FANTASY XIV

Genre: オンラインゲーム

Tags : SweetFX

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

この記事、転載?

http://krullslab.net/20131122145340.html
上記URLの記述にそっくり。まるでコピペして少し編集したみたいじゃないか。
素直に参考先とか書けばいいのに。

Posted at 23:44:59 2014/09/19 by

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。